清田 千寛
インサル・DM・
乾式材販売推進部 
販売推進部 業務推進課
2015年入社 社会学部 社会学科卒

「人の生活に関わる仕事」を軸に就職活動を行っていた頃、完成したばかりのスカイツリーを見に行く機会があり、その大きさに感銘を受けて建築業界に興味を持った。その中で、一人ひとりが目標を持って仕事をしている印象を受けたエービーシー商会に惹かれ、入社した。入社後、幅広い業務を担当しながら成長を続ける。結婚を経た現在も、新人社員のOJTトレーナーを務めるなど、今なおキャリアを築き続けている。

販売推進の仕事について

メーカーとお客さまを繋ぐ調整役

販売推進部は、在庫管理と商品プロモーション、商品開発の3つの役割を持っており、業務推進課は、在庫管理を担っています。その中で私がメインで担当しているのが、デザインマテリアル事業部で扱っている人工大理石「コーリアン」の仕入・在庫の管理です。このコーリアンはアメリカと日本で製造されており、エービーシー商会は製造された板をメーカーから仕入れ、板材の販売や洗面カウンターなどの製品販売を行っています。
自社の倉庫にある在庫と出荷実績を照らし合わせ、必要な数量を割り出して、メーカーから仕入れるという通常業務の他、突発的な発注があった場合は、メーカーとお客さまの間に立って納期調整を行うことも多いですね。営業や受注業務センター、倉庫とも連携を取らなければならないため、様々な人との円滑なコミュニケーションが必要な仕事です。「調整役」という大変な側面もある仕事ですが、その分、周りの方から感謝されることも多く、やりがいは大きいと感じています。

JOBS

印象に残るエピソード

STORY 01

社内処理が複雑に関わる価格改定

入社して2~3年が経った頃、商品の価格改定をするという話が持ち上がり、私たちもそれに合わせて販売価格を変更する必要がありました。先輩と二人で進めていくことになったのですが、価格変更は自分たちだけで完結させることはできず、様々な事業部と連携を行わなければなりませんでした。例えば、伝票システムに反映させるために情報システム部へ確認が必要ですし、現状で在庫がどのくらいあるのかも倉庫へ確認しなければなりません。また、請求に関しては経理部への確認が必要です。当時の私は、経験が浅かったため、価格改定をすることが他事業部にどのような影響があるのかをあまり理解できていませんでした。しかし、とにかく作業は進めていかなければなりません。先輩や多くの方にサポートをしてもらいながら、私は社内システムに新価格を登録する業務を担当することになりました。

STORY 02

「確認」は
周りの人のためにするもの

私の部署で扱う商品はコーリアンだけでも全部で70品目以上あり、その他にもコーリアンに関連した商品を多数取り扱っています。それらの商品の価格はすべて社内システムに登録されています。その価格を新しい金額に登録し直すのですが、ここで金額を間違えてしまうと、お客さまの信頼を失うだけでなく、事業部の売上に直接影響してしまうため、慎重に進めていかなくてはなりません。
価格はメーカーに確認しながら正しい金額で登録することはもちろんですが、さらには、その販売価格に間違いがないかどうか、営業担当への確認も必要になります。この登録の段階でミスが起こってしまうと、社内外で多くの人に迷惑をかけてしまうことになります。早く作業を進めていきたいとは思っていましたが、そこはぐっとこらえて、その都度丁寧な確認を徹底していきました。そして、無事に社内システムへ新価格を登録することができました。

STORY 03

支え合う意識が、
お互いの仕事をスムーズにする

在庫管理の仕事は関わる人が多い分、ミスをしてしまうと訂正のためにいろいろな方に手間を取らせてしまいます。それは、相手の時間を奪ってしまうということと同義です。しかし、裏を返せば、自分がしっかりと確認をしておけば、いろいろな人の仕事がスムーズに進むということ。そういった意味で、「確認」は相手を思いやる気持ちを持って行うことが大切だと学べました。仕事は一人でできるものではないからこそ、支え合っていくためにも、相手への配慮を大切にしていきたいと思います。
その他にも、価格改定後には特別価格の申請方法とその処理方法のマニュアルを作成しました。ですが、先輩にチェックしてもらった時に「私たちには分かるけど、何も知らない人が読んだらどうかな?」と指摘を受けました。確かに、初めて読む人のことは意識できておらず、こういったところにこそ思いやりが必要なのだと実感することもできました。
また、エービーシー商会は「支え合う」という意識が非常に高い会社だと思います。出産のために産休に入る時も、周りの人がしっかりと協力してくれますし、「いってらっしゃい!」というように、明るく見送ってくれます。長く働き続けられる安心感は大きいですね。