川村 崇文

TAKAFUMI KAWAMURA

西日本アルウィトラ・シーリング事業部 
大阪営業部 大阪アルウィトラ営業課
2010年入社 工学部機械工学科卒

広島1年目に大型特注案件を受注し、
苦難を乗り切る。
自信とスキルを手に、
今では大阪で市場開拓の柱へと成長。

アルバイトで培った
コミュニケーション力を
活かすべく当社へ。
未知の広島で切磋琢磨しながら、
アルウィトラの商品を拡販。

大学では機械工学科で実験や研究もしながら、居酒屋で接客アルバイトも経験しました。その過程で自分は技術職よりは、営業職や人とコミュニケーションを図っていく仕事が合っている、と感じるように。大学の会社説明会でエービーシー商会を知り、建築業界のイメージと違った輸入材や仕上げ材などカラフルな商品を扱っていると聞き、また実際に理系の知識も活かせる金属材などもあり、とても興味が湧きました。
先輩社員と話す機会が持てた時に、入社してすぐ実践ができることで営業として早いスキルアップが見込めること、販売した商品が公共の場でいろいろなところに使用されることを聞き、大きなやりがいを感じました。社風もオープンで、自分にも合っていると感じたことも決め手になりました。
入社後はアルウィトラ事業部(現在はアルウィトラ・シーリング事業部)で、一貫して金属性の建築仕上げ材の販売を行っています。商品群は主として建物の目隠し機能のある「外装目隠しルーバー」、建物の雨水による老朽化や浸食を防ぐための「アルミ笠木」、建物同士の増築や耐震・免震構造に必要な隙間を覆う「エキスパンションジョイントカバー」など。そして今年からはそれらに加えて、光幕天井材・内装ルーバー・庇等の提案も行っています。

特注「目隠しルーバー」を
納めた時は開放感に包まれる。
辛いことも多かったが、
自分で乗り切ったことが自信に。

静岡で生まれ、神奈川の大学に進んだ私にとって、最初に赴任した広島は全く未知の場所。ただ広島営業所には自分と同じような境遇の先輩や同期もいて、互いに切磋琢磨していこうという雰囲気で不安も解消され、すぐなじむことができました。少数精鋭でしたので、設計事務所からの問い合わせに自分一人で対応したことが最初の思い出深き案件です。
大きな法人のお客様から天井部にある配管ダクトなどを隠す目的で、「目隠しルーバー」のオーダーがありました。先輩も外回りに忙しく、商品知識もあまり無い私が対応することになったのですが、前例のない特注納まりの現場で大変苦労しました。最初は図面を見て仕事を進めていきますが、その時点から本社技術スタッフに電話やメールで問い合わせ、毎日のようにルーバーの特徴から納まりの工夫の仕方、技術的なことも教えてもらいながら対応しました。設計から現場施工も当社に依頼され、設計事務所に行って何度も打ち合わせをし、図面が完成して現場が始まれば協力会社と共に毎日実測や納まりの確認を行いました。
この間、お客様と設計・現場との板挟みになり、毎日逃げ出したいくらい悩み、苦労しましたが、「自分で案件を織り込んだ以上、自分自身で最後まで納めて仕事を完遂したい」、その思いで必死に各関係会社と向き合いました。商談を初めてから技術的に何度も提案を重ね、一度考えたものが振り出しに戻るなど2年近くかかりました。ただ、一人で商品を発注し、先輩や社内外いろいろなスタッフの協力を得ながら、現場に無事にきれいに納めることができた時には感無量でした。
2年間の苦労から解き放たれる開放感と共に、“これで自分は営業としてやっていける”という自信と手応えを得て、それが今につながっています。

お客様・協力会社・販売店を
巻き込むイベントも実施。
著名な建物に提案した商品を納め、
家族にも自慢したい。

5年目には広島から大阪営業所に転勤になりました。広島時代は中国5県全域を担当していたためいろいろなところに行けました。また、大阪は都市圏だけにランドマークやテーマパーク、複合施設の案件なども多くあります。どちらのやりがいも大きく視野の広がりを感じます。
また大阪営業所にはショールームがあり、そこで「ABCセミナー」や「販売店勉強会」をそれぞれ年に2回実施しています。セミナーは施主やゼネコン・設計などお客様向けに商品の特徴や施工方法、施工上の注意点を伝え、理解を深めてもらいます。勉強会では特約販売店とその若手営業に対して、「この商品はこういう風にPR・販売していきましょう」と商品の特徴や営業方法を伝え、販売店同士の情報共有も促しています。営業がこうした場でデモンストレーションの役割を果たすのですが、例えば新商品が出た時に「それ待っていたよ」「施工はこうすればいいんだね」といった反響や、WIN×WINの関係強化もやりがいです。
今後は天井材の知識・提案力も磨き、著名な建物に自ら提案した商品を採用していただくことで、いろいろな人に自分たちの商品を見てもらうことが大きな目標です。個人宅から公共施設、商業施設、複合ビル、テーマパークまで様々な場所に関わり、車などでその前を通った時に家族にも自分のやってきたことを自慢できるようになりたいですね。
就職活動においては悩みが多くなり、特に理系の人は専攻や学んだことだけに縛られがち。しかし、職業はこの世の中に無限に広がっていると感じます。多くの企業でいろいろな話を聞くなど、広い世界を知る努力を惜しまず、その中から自分に合った仕事・職場を選んで欲しいです。当社は個性が強く自分の意見を発信できる人を望んでいます。前向きで快活な若手が後輩に入ってきてくれたら、私の知識や経験をすべて伝えていきたいですね。

Think Original

わたしの思う、オリジナル

歩み寄りと適度な距離感。
それが自分の持ち味。

営業として自分独自のポリシーは、「少しおせっかい。でも、相手に嫌と思わせない距離感を保つこと」営業は、人と人とのつながりでこそ商売が成立します。あくまで人間なので、感情もあります。でも、一生懸命に自分のためを思って接してくれる人がいたら、嫌になる人はいないと思います。ただ、お客様の状況も読まずに関わると、しつこいと嫌われます。適度な距離感をつかむことが大切で、「あいつ、よく来るな。少し話を聞いてみるか」そんな気持ちになってもらうことを心掛けています。人と絶妙な距離を取るバランス感覚は、スポーツやアルバイトで身につけられたのかもしれません。

PRIVATE

オフの日の過ごし方

バスケット部で活動。
普段は娘との遊びが癒やし。

私は、小中高とバスケットをやり続けてきました。背は高くないですが、ガードとしてパス回しやドリブル、アシストなどを得意としています。そのフットワークが、営業にも活かされているかもしれません。大阪営業所では最近バスケット部ができ、昨年は5~6回、有志で練習試合も行いました。今後はもっと頻度を上げてやりたいと思っています。また広島で結婚し、娘がいますので、休みの日は公園やプールに行って家族一緒に遊ぶことが多いです。先日は営業所内で、小さな子供を持つ家族同士みんなで福井県に遊びに行きました。オフでも娘と遊ぶ時間が、自分の癒やしでありリラックスにつながっています。